Q&A

TOP > Q&A

いつから入会するのが良いでしょうか?

プレスクールの学年のはじまりは、10月(和歌山県は11月)ですが、誕生月によって発達や成長に差がありますので、学習を始める時期にも個人差が生じてきます。そのような不安感を拭っていただくためにも体験授業を設けています。授業中の様子や反応を確認いただきながら、入会時期のアドバイスをさせて頂きます。

クラスはどのように選べばよいでしょうか?

プレスクールでは、お子さま一人ひとりの学力の伸長を見逃さないように、クラス変更については学力を伸ばすための時期と環境を第一に考えて提案いたします。お子さまの基礎学力が定着された時期を見極め、決められた進路に合わせた上で各授業担当と相談の後、クラスの選択と変更をしていただけます。

無理なく学習を続けることはできますか?

悩んだ上で決められた受験であっても、目標を持って学習を続けることは、幼児にとっては大変難しいものです。取り組む内容が難しすぎて興味を持てなかったりすると、なおのことです。プレスクールとご家庭との連携をとって発達段階に合った内容で知的好奇心を育みながら無理なく学習を続けていくことができます。

授業の見学はできますか?

ロビーや廊下など教室の外からであれば見学していただくことができます。実際の小学試験ではお子さま一人で課題に取り組むことになります。一人で学習する習慣を身につけるために、教室に入っての見学はご遠慮いただいております。また、入試直前期もお子さま一人で受験へ臨むという意識付けを行っておりますので保護者の方の見学はご遠慮いただいております。

授業の振り替えはできますか?

幼稚園の行事などでお休みをされる場合や、ご体調が悪いなど急な理由でお休みをされる場合は同一クラスへ授業を振り替えて受けていただけます。振り替えをするクラスが終了している場合は、代わりに補習授業をさせていただきます。ただし、振り替え先のクラスが満席の場合などは対応できないこともございますので予めご了承ください。

志望校選びはどのようにすれば良いでしょうか?

保護者の皆様にとっては一番大切で、一番時間をかけて悩まれることがらです。プレスクールではクラス担任制をとっており、1年間を通じてクラス担任が保護者の方と懇談をさせていただき、毎日の学習方法だけでなく進路のご相談にも詳しくお答えいたします。学校を選ぶために必要な情報(各小学校の特色や入試内容)は授業説明会などでお伝えし、判断材料としていただけるよう努めております。

入試ではどのような力が求められますか?

小学校入試では中学入試や高校入試のようにペーパーテストだけで合否が決定することはありません。他にも運動やグループ活動、制作などの試験が実施され、就学後に必要な学習習慣や生活習慣さらに社会性や協調性など総合的な力が備わっているかが評価されます。保護者や本人の面接では、志望度合いやご両親の人柄などが合否の重要な要素になります。

保護者面接は重要でしょうか?

重要です。面接は小学校と保護者の双方がお互いに共感を覚え、入学後も一緒に歩んでいただけるかを判断される大切な試験です。家庭と学校の方向性が同じでなければ、充実した学校生活を送ることができません。面接時の限られた時間の中で保護者の方の考えや学校への思いをしっかりと伝えていただくためにも、プレスクールでは『模擬面接』を実施しております。