小学校受験 年中クラス

TOP > 小学校受験 > 年中クラス

年間の学習の流れ

基礎から着実に力をつけ確実な志望校合格へ!

学期毎で「ゼミ」「講習」、2ヵ月毎に「実力診断テスト」を行いながら、学力を伸ばし定着させていくスパイラル学習システムです。年長へ向けて基礎から着実に力を育み、無理なく学習を進めていきます。

図:年中スケジュール

個別指導の活用について

私立小学校受験が終了する時期より新学年ゼミがスタートしますが、この[年3回実施]時期は実際にはまだ「年少児」ですので、自己形成を主とした指導が不可欠です。そこでこの時期につきましては、「個別指導」にてお子様をお預かりし、それぞれのお子さまに応じたメニューで、ゆとりのある学習生活をスタートさせ、確かな基礎力の土台作りを行います。
そして、各園にて年中に進級される4 月度より、クラス指導による期間といたします。(継続して個別指導も受講していただけます)

通年ゼミ講座案内

本科として「知力分野」と「表現力分野」をあわせた総合講座となります。

総合講座(4月より)
ペーパー学習では、「記憶・言語・数・図形・観察作業・思考・常識」の7領域を基礎から丁寧に指導いたします。
また、ご家庭での取り組みが難しい行動観察面での指導も組み入れ、巧緻性(制作)・面接・運動・グループ活動での指導を通じて、指示を聞く力や協調性・社会性を育んでいきます。

テストシステム

有名小模試[年3回実施]

テーマ毎に学習到達度を確認

のべ受験者数が35,000名を越える能開プレスクール伝統の「有名小模試」を年中生対象にも実施します。
各分野の理解度と到達度を分かりやすく確認することができます。
お子さまの成長を定期的にご確認いただく機会として、また「テスト」という特別な時間を通して集中することや緊張することも経験してもらうことができる場として位置づけています。
同時に、教育フォーラムを開催し、小学校入試について幅広い情報をお伝えします。

年少・最年少児のお子さまで、小学校受験を目指される方は個別指導にて承ります。
詳細は各校にお問合わせください。

小学校受験