小学校受験 年長クラス

TOP > 小学校受験 > 年長クラス

年間の学習の流れ

スパイラル・ステップで、ムリ・ムダ・ムラなく能力を引き出す。

学期毎に「ゼミ」「講習」「有名小模試」を行いながら学力を伸ばし定着させていくスパイラル学習システムです。そのプロセスの中で、導入から応用・発展レベルへとムリなく学習を進めていきます。

図:年長スケジュール

通年ゼミ講座案内

講座には小学校受験に共通して求められる力をつける「本科」と受験される学校の傾向に対応した「特訓」に分かれています。
本科には「表現力分野」を重点的に学習する講座、また「知力分野」を重点的に学習する講座があります。特訓は「志望校別」で、お子さまの習熟度や弱点などに応じて選択していただきます。

表現力分野 「面接」「制作」「身体表現」「生活力を伴う指示行動」「行動観察」などさまざまな表現力が求められるテストへの対策は、ご家庭の個別学習では成果の現れにくい分野です。同じ年齢の同じ目的意識を持った子どもたちが、ひとつの集団の中で、周りの人にどのような働きかけができるのかを、実践を通して学習していきます。
知力分野 知力テストへの準備として、ペーパー学習を中心に「記憶・言語・数・図形・観察作業・思考・常識」の7領域を丁寧にしどういたします。また実戦期には。難度の高い問題を的確に聞き取り、瞬時に処理できる思考力と判断力を身につけ、効率よく解答を見出せるように指導していきます。また発表などを通じて自己表現力も身につけていきます。
学校(群)別
クラス
志望校の入試傾向とその対策を考えながら繰り返し学習することが合格への最短の道筋です。学校別のクラスで同じ目標を持った子どもたちと机をならべて学習することで、入試当日にも平常心を保ちながら、自信を持って100%の力を発揮できるように指導いたします。なお、志望校別特訓の演習は、知力分野の履修を前提とした応用レベルとなります。

テストシステム

有名小模試

分野ごとに学習到達度を確認

入試項目ごとにお子さまの習熟度を判定し、近畿一円の受験生の中での成績が分かる「統一公開模試」です。
通算160回を超える「合格への羅針盤」として、延べ35,000名が受験しています。さまざまな学校からの頻出問題を取り上げて、毎年変化する受験内容に対応していますので、お子さまの入試に対する総合的な力を見ていただけます。

志望校別模試

学校別に入学試験を体験

志望校の出題傾向に即した内容を学習し、習熟することが合格への最短の道筋です。志望校別模試は、各小学校ごとの出題傾向の分析をもとに、頻度の高い問題を中心に構成しています。実際の入学試験の形式に沿った形での、実戦的練習を通して入試に向けた本格的体験をしていただけます。

入試実戦行動観察テスト

近年の入試で非常にウェイトが高くなっている「行動観察」への対応力を確認するテストです。様々な場面を設定し、実際の学校をお借りして実施することでより入試本番に近い形式でお子さまの対応力を確認させていただきます。

小学校受験